本文へジャンプ
お知らせ
2019.11.05

入社のご挨拶

はじめまして。

11月より入社致しました、小林誠と申します。

 

Webサイトの制作、管理、運営を主に担当させて頂く「Webデザイナー」として勤めております。

 

皆さんは「Webデザイン」という言葉にどのようなイメージを持たれているでしょうか。

ページのレイアウト、色、文字の大きさ、写真の取り入れ方など、様々な要素があると思います。もちろん、どれもWebサイトを制作する上では必要なものです。

一見すると「デザイン」というものは「見栄えをよくする」と捉えがちですが、その中には「目的にあったサイトデザインを考えること」「どうすればユーザーが使いやすくなるか」「価値があり利益が生まれるような仕組みになっているか」など、様々要素が含まれています。

デザインはアートではありません。アートは「主観的」な部分が大きいと思いますが、デザインは「客観的」です。

「自社のWebサイトはとても気に入っている」と、サイト主が納得するのももちろん大事です。

しかし、サイトを訪れた人が「この店舗に行きたい」「この商品を買いたい」「この企業と取引をしてみたい」というアクションを起こさなければ意味がありません。真の良さは「実際に利用する人にしかわからない」のです。

 

ですので、Webサイトはできあがったら終わり。ということはありません。

もちろん最善を尽くして制作をいたしますが、運営後に利用者の反応を見て新たな発見が出てくることもあります。

そこでさらに改良を重ねることによって、より良い「価値のあるWebサイト」になると思っています。

 

近年、回線速度やスマートフォンなどのデバイスも進化し、Webは誰にとっても身近なものになっています。そのWebを活用し、皆さまそれぞれの目的を叶え、現状をヨクスルためにお役に立ちたいと思っております。

 

また、プライベートでは趣味で写真を撮っています。

 

春の写真

夏の写真

秋の写真

冬の写真

 

趣味で撮る写真は、自分の中で「これだ!」というものを追求して撮ることが多いため、「アート」寄りな気がしています。

機会があれば写真撮影も是非、お任せください。その際は「デザイン」寄りでお撮ります。

 

末筆ではございますが、今後ヨクスルの一員として尽力して参りたいと存じますので、何卒よろしくお願い致します。

デザインチーム 小林 誠

この記事を書いたライター

デザインチーム
小林 誠

CATEGORY カテゴリー

ARCHIVE アーカイブ

Google Partner

Google Partner
Google Partner