本文へジャンプ
お知らせ
2014.12.22

Webサイトをリニューアルしました

当社のWebサイトリニューアルが終了しました。

振り返ると、2013年に独立したタイミングでは、声をかけてくれるお客様は全て友人や旧知の方であったため、Webサイトがなくてもすぐに困ると言うことはありませんでした。

2014年になると、少しずつお客様からお客様を紹介してもらえるようになりました。
その時は、「Web関連ができる人を紹介するけど、独立したてで自分のWebがまだないんだよ」という感じで、
お客様通しのつながりが強い事と、『独立直後』という紹介の仕方であったため、そこまで困ることもなく、まだ焦りもありませんでした。
むしろ、創業直後の方から寄せられた「Webで仕事をとりたいから、文章も写真もは全くないけど、Webサイトをすぐにでも作りたい」といった問い合わせには、「焦らず、しっかり原稿を書いて、写真を集めてからやりましょう。」などと言っておりました。

自分自身も、どうせ作るなら、しっかりしたものを作らなければだめだ。簡易的なものを作るのはやめようと思い、制作は先延ばしにしておりました。
しかし、今年の夏に、友人の税理士から「Webサイトなんて名刺みたいなものだろ。名刺を持たないの?」と言われた事はショックでした。

彼は「Webで仕事をとろうとは思っていない。」が口癖で、今まで、『せっかくWebサイトをもっているんだから、こうしたほうが良いよ』といったアドバイスにもなかなか耳を貸しませんでしたので、
歯がゆいと思う事が何度もありました。

そんな彼からでた「名刺なんだから持っておかないと困るだろ?」という考え方にはものすごく納得させられました。
急いで簡易的なものを作り公開したのですが、あまり表に出したくないとも思っており、検索には引っかからないようにして、URLを直接入力した人だけが見れるようにしておりました。

そんなある日、Webサイトのリニューアルに対するプレゼンで、
私は、『御社のサービスだと、人間性を伝えた方が潜在ユーザーの信頼を得やすいから、ブログの機能を導入して、持ち回りでみんなで書きましょう』と提案しました。

好感触を得た!と思った会議の終わりに、その会議から参加していた方が「良い提案でした。ちなみに、福田さんの会社はどんなWebを運用しているのですか?」と衝撃的な一言を口にされました。
『しまった!!』と思いました。
自分で提案している事を自分が行っていない訳ですから、これでは全然信頼されないですよね。
制作を急ぐことにしました。

構成をまとめ、イラストも手配し、原稿の制作も始めアウトラインを固めました。
ブログについては、あったほうが絶対に良いのですが、定期的に更新する時間を作れるか?記事にするネタがあるか?と言った
運用の難しさもわっかっており、最後まで悩みました。
しかし、やるしかない!ですよね。

それを続けることのメリットもわかっているわけですし、何より自分がそれを提案しているわけですから。

ですので、覚悟を決めました。ブログのタイトルも1日1ヨクスル(イチニチイチヨクスル)という、更新頻度が早そうな名前をつけました。
これからが大変ですが、頑張って定期的に更新をしていこうと思っております。
ゆくゆくは本当に毎日更新するようにしようと思っておりますが、しばらくは不定期での更新となります。
皆様、これからも何卒宜しくお願いします。

福田大輔

この記事を書いたライター

代表取締役 福田 大輔

CATEGORY カテゴリー

ARCHIVE アーカイブ

Google Partner

Google Partner
Google Partner