本文へジャンプ
レビュー
2015.05.27

人生で本当にやりたいことだけを抽出するためには?「エッセンシャル思考」から学ぶ実践術 (福田版)

福田です。

以前書いた企画の実現(同じ本を読んで、どのような感想文を書くか)が、なかなかできませんでした(理由は僕が本をなかなか読まなかっため)が、やっと、どうにか形にすることができました。

彼の読み終わった後の 「エッセンシャル思考」から学ぶ実践術 を私もやっと読み終えました。
それで先日、少し前に、いや、だいぶ前に書かれていた、佐藤の感想文をやっと公開できました。

今回は私の感想です。

【本の概要】

私は偏見がありまして、効率良く生きるとか、働くとか、何かをうまくやっていく方法といったテーマについて書いてある本があまり好きではありません。
ですから、普通に過ごしていたらこの本を手に取ることは無かったと思います。

今回は佐藤が企画とあわせて提案してくれたため、引き受けましたが、最初は正直、ちょっと面倒だなとかと思ったりもしていました。
しかし、今はこの本を読んで良かったと思っていますし、勧めてくれた佐藤、そして、この本の筆者の方にも感謝しています。

理由は、
自分が抱えている仕事上の課題を解決するための方法、ヒントが書いてあったと思えたためです。

本の内容を僕なりに、印象に残った内容からまとめると、

●時間と体力には限りがあるから、何でもかんでもやろうとするな
●大切なものとそうでないものを明確に分けろ
●自分が得意なものとか、重要なことだけをしっかり選び出して、そこに全力を注げ
●寝ろ。働く時間が多いのは良いことではない
●やめる、キャンセルするなど損切も時には必要
●正しい習慣を作れ

といったものだと思っています(あくまで個人の感想です)。

実は、この本の中で取り上げられている様な問題、事例を私自身が抱えていまして、
最初はなんとなく読んでいた本も途中からは、今までの、そしてこれからの自分の姿と照らし合わせて読みました。

そして、このところ、考えていた
今後、どうやって会社や仕事をより良いものにしていくか、社会でより評価されるものにしていくかの方向性を決めることができました。

最後に、一番印象に残った一文を紹介します。

非エッセンシャル思考の人は何でも頑張ろうとしすぎる嫌いがある。多くを求めて努力すればそれだけ結果が付いてくると思っている。しかし、残念ながらそれは間違いだ。現実には欲張れば欲張るほど動きが鈍くなってしまう!

私は今の状態が頑張っていると評価されるものかどうかはわかっていませんが、もっとやらなければいけないとは思っていますし、経験のない分野でも勉強すればできるようになるとも思っておりますし、仕事にあてる時間もまだまだ作れると思っております。
しかし、明日からは、以下の事をもう少し意識しようと思っております。

●何事もシンプルに
●得意としている集客の分野を業務の中心にしよう
●仕事の役割をきちっと決めよう
●正しい習慣を作ろう
●しっかり寝よう

以上です。
しばらくして、振り返った時、この本を読んで良かったと思える様でありたいと思っています。

創業直後で私と似ている境遇の方、会社や組織でいろいろうまくいっていないと感じている方、「忙しい」が口癖の方、仕事の効率を上げたいと思っている方にはぜひ読んでいただきたい一冊です!
そして、すごく時間がありましたら感想などお送りください。

福田大輔

この記事を書いたライター

代表取締役 福田 大輔

CATEGORY カテゴリー

ARCHIVE アーカイブ

Google Partner

Google Partner
Google Partner