本文へジャンプ
学びごと
2020.03.05

超重要!キーワード登録とは?

 

こんにちは、広告運用チームの稲垣です。

 

今日は広告運用で超重要な「キーワード」をご紹介します。

 

キーワード登録について

私たちは欲しいものや、行きたい場所があればそれらについてインターネットで検索しますよね。
すると、検索ワードに類似した内容の広告が表示されることがありますが、

あれはどのような仕組みで表示されていると思いますか?

それは、広告登録者が検索者の検索しそうな単語を「キーワード」として登録し、それらの「キーワード」と広告を結びつけているからです。

 

キーワード登録がなぜ重要か

検索広告では、これらのキーワードを登録しないと広告配信ができません。

広告を作成したとしても、これらのキーワードを登録しない事には
検索者がどのような言葉を検索した時に広告を配信すれば良いのかを配信システムが判断できません。

キーワード登録は配信システムが広告配信をするまでの道標としてとても重要なのです。

 

最初から検索者が「このキーワードを検索した時に広告を表示させる!」と決めておけば無駄な費用も削減できますよね。
検索者が「登録された検索キーワード」と類似しない検索をした時には、広告が配信されないので、効率よく宣伝することができるのです。

また上述したような、広告を配信するためのキーワードとは別に「除外キーワード」というものがあります。

 

除外キーワードとは

例えば水族館の広告配信を行なっているとしましょう。

検索者が「動物園」と検索した時に、自社の水族館の広告が表示された場合、検索者の意向ともこちらの意向ともマッチしていない上に、無駄な費用を使ってしまう事になります。
(なぜ「動物園」という検索に対して「水族館」の広告が出てしまうかというと、広告配信の基本設定ではキーワードを拡大解釈し、「水族館」と「動物園」を類似ジャンルと認識する可能性があるからです。)

このような無駄な費用を削減するため、特定のワードが検索された際に広告を表示させないようにすることもできるのです。

つまり、「キーワード登録」ではなく「除外するキーワード」を登録します。

 

今回の例でいくなら「動物園」というキーワードを除外登録し、「動物園」という検索があった場合に広告を表示させないようにします。

これらの除外するキーワードのことを「除外キーワード」というのです。

 

キーワード登録やら、除外キーワードやらややこしいですが、これらを丁寧に選別し、登録するだけで配信の質が全然違います。

次回のブログでご紹介しますが、「キーワード」「除外キーワード」を登録する際に必ず「マッチタイプ」というものを設定しなければいけません。こちらも併せて覚えましょう。

 

まとめ

検索広告を配信をするには、広告を表示させるための「キーワード」(必須)と、広告を表示させないための「除外キーワード」(必須ではない)を登録することが広告配信においてとても重要です。

 

「検索広告ってなに?」という方は、検索広告について書かれたブログがありますので、そちらのブログをご確認ください!

★検索広告についてのブログ「インターネットに広告を出すこと」

 

「キーワード」「除外キーワード」を登録することで、

検索者が必要としている情報とマッチした広告を配信でき、効率よくビジネスを宣伝することができるという仕組みですね。

 

多少手間がかかってしまう作業ではありますが、最適な「キーワード」や「除外キーワード」を見極め登録することによって配信、運用の質も変わってきます。

皆さんも「キーワード」や「除外キーワード」を登録する際はまず丁寧にリスト作成をしてみましょう!

 

でも時間がない…めんどくさいな…と思う企業様、是非私たちヨクスルにお任せ下さい!ご相談お待ちしています!

 

稲垣 こと子マーケティングチーム

この記事を書いたライター

マーケティングチーム
稲垣 こと子

CATEGORY カテゴリー

ARCHIVE アーカイブ

Google Partner

Google Partner
Google Partner