本文へジャンプ
日々と日常
2017.04.22

五里霧中ってこんな感じ?

クライアントのゴルフコンペがありまして、とっても楽しみにしていたのですが、

3日くらい前から天気予報のサイトを見ると、どういう訳か、ゴルフ場の地域だけ前日の夜と当日の午前中に雨マークが・・・

しかし午後からは晴れマークで気温も高い。そして僕自身はまあまあな晴れ男(と思っています)なので、

どうにかならないかな~と祈っていました。

早朝、家を出ると予報通りの強風と強い雨。

しかし、1時間半くらい経つ頃には、風はあっても雨も止み、気温もまあまあ暖かい感じです。

これはいける!と思って高速を降り、ゴルフ場までの山道を上り始めると世界は一変、キリきり霧、霧の世界!

前を走る車のテールランプがかろうじて見えるくらいで、周りが全く見えません。

山頂にあるゴルフ場はもっと霧が出ていて、本当に周りが見えません。

練習した人の話を聞くと、ボールを打った瞬間にボールが消えると・・・

 

スタート時間も延長して、8時過ぎから10時10分まで待ちましたが、状況は変わらず、結局コンペは延期となってしまいました。

今までこんな形での中止を経験したことが無かったので、驚きと同時に残念でなりませんでした。

あまりの霧の深さに、『五里霧中』ってこんな感じから生まれた言葉なのかな?と思いました。

 

帰り支度をはじめ、山道を降りはじめると見る見るうちに視界が開けてきました。

山の下には雨が上がった日の午前中が待っていました。

口惜しさが勝り、五里霧中を抜けたらこんな良い世界が待っている みたいなことは思えませんでした。

 

時間ができたので事務所に戻ってゴルフ場で買った260円のポカリスエットを飲みながら仕事です。

福田大輔

この記事を書いたライター

代表取締役 福田 大輔

CATEGORY カテゴリー

ARCHIVE アーカイブ

Google Partner

Google Partner
Google Partner